3色のグラデーション

格安航空券とLCCを徹底比較!

国内旅行で航空券を予約するとき、LCCにするべきか、JALやANAといった一般航空会社にするべきか悩むことはありませんか?
安さが魅力的なLCCですが、利用するときは一般航空会社との違いをしっかり押さえておかないと戸惑うかもしれません。
 

そもそもLCCとは?

Low Cost Carrier (ローコストキャリア)の略称で、低価格運賃を実現した「格安航空会社」を差す。
一般航空会社が無料で行っているサービスを有料にしたり、機内設備の簡素化、人件費の削減などコスト削減化や運営の効率化を行っている。

LCCを利用するときの注意点

1.予約時に決めることが多い

安いのですから当然ですが、一般航空会社では無料で行っているさまざまなサービスが有料です。そのサービスのほとんどが「オプション」として後から追加するシステムになっているため、予約時に付けるか付けないか選択する項目が多いです。

・機内に荷物を預けるか
・座席に規定重量以上の手荷物を持ち込むか
・座席を指定するか
・食事を付けるか
・変更、キャンセルを無料にするか

などなど、慣れていない人は予約時に悩むかもしれません。
いろいろオプションを付けたら一般航空会社とそんなに値段が変わらなかったなんてことも。

2.空港での手続きに時間がかかる

空港に着いていざチェックイン!と思ってもLCCのカウンターは空港の隅っこなどわかりにくい場所に設置されていることが多いです。特に初めて行く空港は迷いやすいようです。事前にカウンターの場所をしっかり調べるか、空港のスタッフに聞きましょう。
チェックインを無事終えて、改札を通っても搭乗口までの距離がまた遠い、なんてことも。早め早めの行動が肝心です。
 
3.機内サービスももちろん有料
 
席が狭めであったり、ドリンクが有料であることくらいは想定内でも、寒くてひざ掛けを頼んだら有料でびっくりしたなんてことも。エンタメ用の液晶なども付いていないことが多いので、長距離の旅になるときは、雑誌や携帯ゲーム機など暇を潰せるものを忘れずに。

4.遅延の可能性を考慮しておく
 
まだまだLCCは遅延が多いのが現実。欠航は滅多にないものの、時間に余裕をもって予約をしておくといいでしょう。
なお変更やキャンセルはできなかったり、手数料が割高だったりするので、予定はしっかり固め、乗り遅れ等ないようにしましょう。

5.発着空港に注意
 
LCCの東京発着は羽田空港ではなく成田空港であることが多いです。間違える人はあまりいないと思いますが念のため注意。ちなみに成田空港から都心まではバスで70分ほど、その移動時間を考慮しておきましょう。
大阪も伊丹空港ではなく関西空港発着が多いので注意。

LCCに向いているのはこんな人

安さと引き換えに不便も多いLCC。
利用をするにあたり、ずばり向いているのは

 ・とにかく安く旅をしたい人
 ・旅慣れている人
 ・時間に余裕のある人

上記の3パターンに当てはまる方が向いていると言えると思います。

やっぱり一般航空会社を利用したい……

予算を抑えたいけどLCCを利用するのはちょっと不安、という方は、やはり一般航空会社を利用するのが無難でしょう。
一般航空会社にも旅行会社に卸している「格安航空券」があります。旅行会社でホテルとセットになっ国内旅行として購入すれば格安で手に入ることがあります。
LCCと一般航空会社の格安航空券。
自分のニーズに合った方を選んで快適な旅を。

Similar Posts:

次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP