3色のグラデーション

セットにするとお得なチェーンホテルの比較

航空券を格安で購入するために、旅行会社でホテルとセットになっている国内旅行として購入する方法があります。
しかし、いざホテルを選ぼうとすると意外と種類も多く迷ってしまうかも。そこで、全国にチェーン展開しているホテルの特徴をまとめました。
 

リッチモンド


『顧客満足度ナンバー1のハイクオリティ』
高い顧客満足度を誇る、ずばり「隙のない」ホテル。
接客のレベルが高く、清掃も行き届いており、アメニティも充実。照明も明るめで、机も広いので部屋で仕事や勉強をしたいビジネスマンや受験生にもおすすめ。
食事は有料です、ホテル近くの店と提携しています。
ビジネスホテルでありながらシティホテル並みのクオリティで「失敗したくない」ときのリッチモンドと言えます。

ドーミーイン

『こだわりの大浴場と夜鳴きそば』

ドーミーといえば大浴場。店舗の半数以上に天然温泉があります。さらに露天風呂や、サウナや水風呂が楽しめる店舗もあり、旅の疲れを癒せます。客室も広めで、アメニティも充実。
ユニークなのは夜食が無料で食べられること。
ハーフサイズのラーメン「夜鳴きそば」は、あっさり醤油味で小腹の空いた夜に嬉しいサービス。
全体的にサービスのクオリティが高く、ビジネスからレジャーまで使い勝手の良いホテルチェーンと言えるでしょう。

スーパーホテル(ロハス)

『合理的でありながら自然派』
「LOHAS」をコンセプトに展開しているスーパーホテル。
部屋は狭めですべてにおいて合理化されているのが特徴。
枕を選べるなど『快眠』に重点を置いたホテルなので、部屋の照明は暗め。
大浴場があり約半分の店舗が天然温泉である。
ただし、一つしかないことが多く女性の時間、男性の時間と別れていて希望の時間に入れないことがあるので注意。
朝食は無料。有機野菜のサラダなど健康に配慮した料理が特徴。
予算を抑えつつ、ゆっくり眠って疲れを取りたい人向けのホテルと言えるでしょう。

ルートイン

『バランスが取れた典型的ビジネスホテル』

駅前ではなく幹線道路沿いに出店することが多いルートインホテル。
客室設備などはごく平均的で、最近流行しているホテルチェーンと比べると大きな特徴がないのが特徴と言えるかも。ほとんどのホテルに大浴場あり。朝食も無料。
大きな特徴はなくハズレも少ない典型的なビジネスホテル。 

アパホテル

『名物女社長の有名ホテルチェーン』

東京都心にある多くのホテルが最寄駅から徒歩3分以内という、立地のよさが魅力の有名ホテルチェーン。
部屋はやはり狭いという意見が多いようです。ホテルそのものは綺麗で、室内もスタイリッシュ。
大浴場は設置されている店舗とない店舗があります。朝食は無料。
チェックアウト時間が11時と遅めなのも特徴。

東横イン

『利便性が特徴の老舗ビジネスホテル』

駅や空港からの抜群のアクセスの良さから長年愛されてきたビジネスホテルチェーン。
とは言え、料金が安い代わりに部屋は狭くて壁は薄いシンプルなビジネスホテルのイメージではないでしょうか。
最近は、客室設備がアップしてきていて、下に荷物を入れられる広めのベットを使っていたりします。
朝食は無料。支配人に女性を多く採用しているのも特徴。

お気に入りのチェーンホテルを見つけましょう

航空券を格安で買うことが主目的であっても、やっぱりどうせなら気持ち良くホテルに宿泊したいものですね。
全国展開しているホテルにはそれぞれ特徴があり、独自のサービスを展開しているホテルも増えてきました。ぜひ自分に合ったホテルを探してみてください。お気に入りのホテルチェーンを見つけたら国内のいろんな店舗を利用してみるのも楽しいものです。

  ≪ 前の記事: を読む  
△PAGE TOP